新着情報

大学院共同獣医学研究科を設置しました

2019年04月03日

 鳥取大学は平成31年4月1日に岐阜大学と共同で「大学院共同獣医学研究科共同獣医学専攻」を設置し、4月3日に鳥取キャンパスにおいて看板上掲式を挙行しました。

 本研究科は、生態系の健全性を含む動物や人の健康に関する幅広い分野の先端的研究を推進し、獣医学の高度化に貢献できる獣医学教育者及び研究者を養成します。
 本研究科の教育理念として、「高度な知識と技術、専門性と倫理観を有し、国際社会又は地域社会における指導的役割を果たす獣医学専門家を育成する」ことを掲げ、家畜衛生・公衆衛生スペシャリスト、One Health スペシャリストまたは難病治療・創薬スペシャリストとして、これらの分野についての学識、技術及び実務能力を身につけた指導的獣医療人を輩出して、豊かな社会の維持・発展に貢献します。

 今年4月に第1期生7名を迎えるにあたり、中島学長ら役員をはじめ、日笠共同獣医学研究科長ら関係教員が共同獣医学研究科の看板を上掲し、研究科設置の門出を祝うとともに、高度獣医学スペシャリストの育成に向けて、決意を新たにしました。

上掲式

看板を上掲する中島学長(左から3人目)、日笠研究科長(左から4人目)と関係者ら

※共同獣医学研究科の概要は、下記のホームページからご覧ください。