新着情報

新入生を迎えて「ふれあい朝食会」を開催しました

2019年04月09日
 4月9日、鳥取キャンパス及び米子キャンパスにおいて、「新入生ふれあい朝食会」を開催しました。

 この朝食会は、新たな環境で学生生活を始めたばかりの新入生に、友達づくりや朝食を習慣づける機会にしてもらおうと、15年前から毎年開催しているものです。
 鳥取キャンパスでは、初日となったこの日、新入生や教職員ら合わせて約200名が参加しました。新入生は、教職員や先輩学生と朝食をともにしながら、学生生活への不安や疑問などを語り合っていました。また、邦楽友の会の学生が生演奏を披露したり、国際交流センターの教員が留学や海外派遣の相談に応じるなど、会場は大いに賑わっていました。
 朝食会に参加した中島学長は、「1人暮らしは自由な生活ができる一方で、不規則になりがちですので、朝食をとって規則正しい学生生活を送ってください。大学もみなさんの学びや生活をしっかりサポートしますので、学生生活に早く慣れて軌道に乗せてください」と新入生に呼びかけました。
 朝食会は、鳥取キャンパスでは4月12日まで行われます。


中島学長と朝食をとりながら語り合う新入生

邦楽友の会の生演奏