新着情報

鳥取銀行寄付講座「マーケティング論」において鳥取銀行平井耕司頭取による講義を行いました

2019年07月17日

 この講義では各分野の第一線で活躍されているスペシャリストを特別講師としてお招きしており、7月11日に行われた講義には、株式会社鳥取銀行代表取締役頭取の平井耕司氏にお話しいただきました。

 平井氏から、鳥取銀行の概要や現在行っている「空き家対策」「観光振興」等の取り組みについて紹介があり、そのひとつである鳥取産ジビエの活用プロジェクトについては、「鳥取県だけでなく、全国規模のビジネスへ!」という目標が語られました。また、「鳥取銀行は今年で創立70周年を迎える。これからも地元経済や市民のために、まちづくりを支援していきたい」と述べられ、地域を想い、地域を支える企業の姿を見ることができ、学生たちにとって貴重な講義となりました。

 

全学共通科目 鳥取銀行寄付講座「マーケティング論」とは

 本学では、地元経済の発展や地域産業を担う人材の育成を図るため、株式会社鳥取銀行の寄附講座として「マーケティング論」を2007年度から開講しています。本講座は、マーケティング戦略についての基礎的な概念や役割について理解することを目的とし、企業、事業、製品といった各レベルにおけるマーケティング戦略についての身近な企業の事例を取り上げて講義しています。第1クオーターの「マーケティング基礎」では具体的な事例を多く取り上げ、実際の企業のマーケティング活動と理論を結び付けることにより、基礎的な理論やその背景、マーケティング活動について学びます。第2クオーターの「マーケティング実践」では多角化した企業を念頭に置き、そこにおける戦略の階層性を踏まえながら、マーケティング戦略についての基礎的な概念や役割について理解を深めます。


講義を行う鳥取銀行平井耕司頭取


講義の様子