新着情報

工学部の横田教授が第26回ITS世界会議Best Paper Awardを受賞しました

2019年10月31日
 10月21日から25日にシンガポールで開催された第26回ITS世界会議において、工学部電気情報系学科の横田孝義教授の発表した企業との共同研究成果による論文がアジア太平洋地区のBest Paper Awardを受賞しました。
 ITS世界会議は、毎年、北米、アジア太平洋、ヨーロッパの順番に開催されるITS(Intelligent Transport Systems)に関して産官学が集い議論をする国際会議で、今回は90か国から14,500人が参加し、752件の発表がありました。今回受賞した論文では、現在普及が進むETC2.0などで収集される全国規模の大量の車両の位置情報(プローブ情報)を交通渋滞情報等生成のためディジタル道路地図上に高精度かつ高速に照合させる技術を実現したものです。
 受賞題目は「A Fast Map-matching Algorithm based on a Global Measure and Dynamic Programming for Sparse Probe Data」です。

横田孝義教授(左)と副議長のDr. Kian Keong Chin
賞状

【参考】工学部ホームページ https://eng.tottori-u.ac.jp/archives/5635 
※横田教授の研究については、広報誌「風紋」61号に記事を掲載しています。