新着情報

70周年記念酒「鳥大古希新(こきあらた)」が完成しました

2019年11月07日

 鳥取大学は1949年に設置され、2019年に創立70周年を迎えました。本学では、創立70周年記念事業として「時を刻む・繋ぐ・紡ぐ」をコンセプトに複数のプロジェクトを計画し、その中のひとつとして、記念酒造りを進めてきました。本プロジェクトでは、本学が守り継いだ酒米「強力」を無農薬無化学肥料で栽培し、収穫したコメを用いてこだわりの純米酒に仕上げました。完成した記念酒は、本学が70歳を迎えたことを祝うとともに、次代へ新たに飛躍できるように、との願いが込められ「鳥大古希新(こきあらた)」と名付けられました。

 11月6日に行われた完成試飲会では、プロジェクトに参加した学生たちや学内関係者などが集まり、辛口ですっきりとした飲みやすい味わいが特徴の記念酒を体験しました。11月7日からの販売に向け、プロジェクトに参加した学生からは「自分たちが携わった鳥大古希新を多くの人に味わってほしい」との声が聞かれました。

◆記念酒「鳥大古希新」

発売日:令和元年11月7日(木)

販売場所:鳥取大学生協ショップ(鳥取・米子両キャンパス内)

※店頭販売のみ

価格:3,300円(税込み)

※販売価格には創立70周年記念事業への寄付金が含まれます。

販売数:限定1,000本

内容量:720ml

アルコール分:15度

原料米:鳥取大学産・強力(使用比率100%)

精米歩合:70%

製造者:有限会社 山根酒造場

(販売に関する問合せ先)

鳥取大学生協ショップ Tel:0857-28-2333

 


試飲する学生たち

ラベルの文字は地域学部の住川英明教授が揮毫