新着情報

令和3年度後期鳥取大学日本語予備教育コース閉講式を挙行しました

2022年03月16日

 3月11日、令和3年度後期鳥取大学日本語予備教育コース閉講式を行いました。

 このコースは、文部科学省国費外国人留学生のためのプログラムで、大学院での学修を開始する前に、日本語教育を集中して行うものです。この度、エチオピア、グアテマラ、スーダン、マレーシア、リベリアからの留学生計5名が、半年間のコースを修了しました。

 はじめに、国際交流センター池田教授から、修了証書が授与されました。その後、池田教授から「半年間のコースが終わりました。日本語が上手になっただけでなく、日本の文化や環境についても、多くのことを勉強しました。みなさんは仲が良く、こちらも楽しく教えることができました。ぜひ学んだ多くのことを生活の中で使っていって、楽だなと思えるくらいまで勉強を続けてください」と激励の挨拶がありました。

 次に、それぞれの修了生から日本語で挨拶があり「鳥取大学で日本語を学ぶことは素晴らしい経験でした。挨拶や買い物など、日常生活に欠かせないことから、漢字の学習まで、毎日楽しく、たくさんのことを勉強することができました。先日会った人に、久しぶりに日本語で話しかけたら、上手になっていてびっくりされました。もっと上達するよう頑張りたいです。先生や会話パートナーに、とても感謝しています」と、感想と感謝が述べられました。

 最後に、列席した関係者と記念撮影をし、和やかに閉講式を終えました。

photo1

修了証書を受け取る修了生

 

photo2

修了生を囲んで記念撮影

前列(修了生5名)、後列左から、竹田准教授、チャン教授、池田教授、御舘准教授、蕪木助教