新着情報

GAN-RENDAIインドネシアブランチ交流集会を開催しました

2022年12月21日

 1216日、鳥取大学大学院連合農学研究科グローバル同窓会ネットワーク〔GAN-RENDAI〕は、「インドネシアブランチ交流集会」をHotel Gran MahakamJakarta)を主会場にして対面とオンラインによるハイブリッド方式により開催しました。

 GAN-RENDAIは、連合農学研究科に関わる者全て(修了生・在学生・関係教員・関連団体)が交流するプラットホームとして、世界各国に在住している修了生相互の交流及び情報交換を促進するため拠点となる海外支部の設立を進めています。このたび2か所目の海外拠点としてインドネシアブランチを設立することとなり、定期的な交流及び密接な連携を図るために交流集会を開催しました。

 交流集会ではGAN-RENDAIの児玉基一朗会長(連合農学研究科長)から連合農学研究科の現状紹介を踏まえた開会挨拶の後、GAN-RENDAIインドネシアブランチのAdha Fatmah Siregar会長(Indonesian Agency for Agricultural Instrument Standardization (IAAIS), Ministry of Agriculture)から、「このような機会を持つことができ大変うれしい。研究協力や人材育成の分野での協力を歓迎したい」と、設立にあたっての挨拶がありました。その後、緒方英彦副研究科長からGAN-RENDAIのこれまでの活動報告、WEBサイトの活用方法と新たに開設したSNSの紹介が行われました。続いて、連合農学研究科代議委員でもある島根大学の室田佳恵子教授、並びに、山口大学の高橋肇教授から各大学における現況や関係者の紹介があり、インドネシアとの関係性の深さを再認識しました。最後に参加者全員によりブランチの活動に対する意見交換が行われ、インドネシア国内での活動やネットワークの活用方法などについて様々なアイデアが出されました。

 終わりに、児玉会長並びにAdha会長の双方から、今後も交流を継続していくことを約束し閉会となりました。GAN-RENDAIは、このたびのインドネシアブランチ交流集会の成果を見本として今後も海外支部を拡大し、修了生及び関係者がさらに強く結びついたネットワークとなることを目指します。

1

インドネシアブランチAdha会長挨拶

 

2